読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミミログ

ミミヨリなジョウホウをアナタに。

【グルメ】東京牛丼 牛の力:上野にある国産牛を使った牛丼屋さんは、手軽に美味しい

いまや、国民食のひとつと言ってよいであろう牛丼。

身近なところには、なにかしらの牛丼チェーン店があるはず。

吉野家松屋すき家。(ちなみにわたしはなか卯が好きです。)

 

しかし。

「ちょっと美味しい牛丼を食べたい」と思うと、とたんに選択肢が狭まるのではないでしょうか。

 

そんなニーズに応えるお店が、上野にありました。

ということで、今日は「東京牛丼 牛の力」を紹介します。

 

 

 

1.どんなお店?:懐かしさと新しさを兼ね備えた牛丼屋さん

店名:東京牛丼 牛の力(ぎゅうのちから)

最寄:上野駅から徒歩1分

ポイント:

国産牛を使うなど、素材にこだわった牛丼屋さん。基本の東京牛丼は630円と、リーズナブルながら美味しい、どこか懐かしい味。一方、牛力丼(赤)と(白)という、新しい食べ方も提供。特に人気の牛力丼(白)は、牛丼に白いアレをトッピングしていて……?

 

2.感想:最寄駅にあったら週1で普段使いしたい

2-1.オーソドックスな牛丼は、オーソドックスに美味しかった

新しく入る店では、とりあえず定番を頼みます。

ということで、東京牛丼(630円)と漬け物(100円)の食券を購入。

 

待つことなく、提供されます。

 

f:id:hrsest:20170418230133j:plain

 

汁物はお吸い物でした。

 

お肉を頂きます。

うん、明らかに良いお肉を使っていることがわかります。美味しい。

 

ペースダウンすることなく、そのまま完食。

カウンターには(ちなみに店内はカウンター席のみ)紅ショウガとニンニクが置いてあるため、大盛りでもよかったな、と思いました。

 

最寄り駅にあったら週1で普段使いしたい。

 

2-2.他のメニューも気になる。牛力丼(赤)と(白)とは?

今回は初回だったため、基本の東京牛丼を頂きましたが、牛力丼(赤)と(白)というのもありました。それぞれトッピングがされているとのこと。

 

牛力丼(赤)は、温玉、辛味噌、糸唐辛子が。

牛力丼(白)は、温玉、海苔、バターが。

それぞれのっています。

 

……バター?

気になります。気になりますよね。

 

バターがのった牛力丼(白)は、混ぜて食べるのだとか。

……なるほど。

さらに、そこにニンニクを投入するのがオススメだとか。

……なるほど?

 

味が想像できません。

この記事を書きながら、多少無理をしてでも牛力丼(白)を追加で注文すればよかったな、と思っています。笑

 

これはリベンジするしかないですね。

リベンジ次第、また報告します!

 

3.今日のミミヨリバナシ:リベンジの機会は意外とすぐかも?

そうなんです。

昨日04/18から、上野の東京都美術館にて、ブリューゲルバベルの塔」展が開催されているのです。

 

先月に行った六本木のミュシャ展が面白かったので、バベルの塔展も行きたいと思っていたので、ちょうどいいですね。一石二鳥。

 

mimilog.hatenablog.jp

 

以上、「東京牛丼 牛の力」の紹介でした。

行くきっかけとなれば幸いです。

 

Twitterもやってます!:@mi_mi_log