読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミミログ

ミミヨリなジョウホウをアナタに。

【グルメ】日乃屋カレー:カレー激戦区・秋葉原のコク深い甘辛カレーに舌鼓

東京でカレーといえば、あなたはどこを思い浮かべるでしょうか。

 

「神田カレーグランプリ」にて名を冠する、神田

本と喫茶店の街、神保町

 

実は秋葉原も、カレーの激戦区のひとつだったりします。

カレーノトリコ、カレーは飲み物。、ブラウニー、ベンガル、上等カレー……。

 

ということで、今日は「日乃屋カレー」について紹介します。

 

f:id:hrsest:20160419144758j:plain

緑の看板が目印です

 

 

 

1.どんなお店?:甘辛カレーを武器に神田カレーグランプリ殿堂入りを達成

店名:日乃屋カレー(秋葉原店)

最寄:秋葉原から徒歩10分程度

ポイント:

「甘辛カレー」のジャンルの盛り上げに貢献したカレー屋さん。

神田カレーグランプリの実績がすごい。

 

2013年 第2回神田カレーグランプリ:第4位

2014年 第3回神田カレーグランプリ:優勝

2015年 第4回神田カレーグランプリ:殿堂入り

2016年 神田カレーグランプリ:チャンピオンズフェスティバル参加

 

ちなみに、秋葉原にかぎらず都内30店舗超を出店。(2017年4月時点)

大きな駅にはあるようなので、最寄りを探してみて下さい。

 

2.感想:気負わずに行ける汎用性の高いカレー屋さん

2-1.甘辛ルーが美味しい

 

f:id:hrsest:20170412233454j:plain

メンチカツカレーに温玉をトッピング

 

「始まり甘く、後より辛い、余韻残りしカレールウ」。

これが、日乃屋カレーのコンセプトなのですが、まさにそのとおり。

 

まず一口目は、甘く。

そこから、滑らかなルーの広がりとともに、じんわりとした辛さが。

 

甘い、辛い、甘い、辛い……。

もう、病みつきです。

 

この組み合わせが無限に食べられるということは、うまるちゃんも言っていました。

f:id:hrsest:20170412234007j:plain

干物妹!うまるちゃん 1巻 より引用)

 

 

2-2.トッピングが美味しい。オススメは7分盛にしてトッピングをプラス1

そして、日乃屋カレーはトッピングも美味しい。

オススメはメンチカツ

 

お惣菜で売っているメンチカツの倍近い大きさのものを、もちろん揚げたてで。

滑らかでコクのあるルーが、ちょうどよく衣に染みこんでいます

 

なんで揚げ物とカレーってこんなにあうのでしょうか。

カレーパンが美味しいわけだ、と思いました。

 

あとは、焼き野菜というのも好きです。

時期によって異なる焼き野菜3種が、カレーに載せられています。

 

ここのメンチカツは大きいので、メインは「メンチカツカレー(ご飯7分盛)」にし、そこにさらに別のトッピング(焼き野菜、チーズ、温泉卵……)をするのがお気に入り。

 

2-3.値段もお手頃、かつ入りやすい

カレー激戦区の、しっかりとしたカレーは、1000円近くするのもざらです。

また、お店の外装も雰囲気があったり、オシャレだったり……。

 

一方、日乃屋カレーは、良くいえば気取らない、悪くいえばチェーン店風な店構えです。

入口からは店内がみえ、内装はカウンター席が主。注文は券売機で。

そして、お値段も高くない。トッピングをしても1000円しません。

 

気負わずに行けるんですよね。

きっちりとしたカレー屋さんに行くときのような「カレーを食べるぞ!」という気持ちではなく、「腹減ったな……、カレーでも食べるか。……日乃屋カレー行くか」くらいの軽いフットワークでいけます。そして、もちろん美味しい。

 

そんなこともあり、日乃屋カレーはわたしが秋葉原で行く頻度の高いお店のひとつだったり。

目にする機会があれば、「ネットでみたな、試しに食べてみるか」くらいの軽い感じでお試し頂ければと思います。笑

 

3.今日のミミヨリバナシ:他のカレー店も随時紹介します

それと、わたしが好きなカレーの種類はキーマカレーです。

美味しいキーマカレーの店があったら教えて下さい!

 

 

以上、「日乃屋カレー」の紹介でした。

行くきっかけとなれば幸いです。

 

Twitterもやってます!:@mi_mi_log