読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミミログ

ミミヨリなジョウホウをアナタに。

【グルメ】うどん丸香:休日行列当たり前!神保町で人気のうどん屋さん

それは、日曜日の昼頃、ふと神保町を歩いていたときのこと。

異常な数の行列を目にしました。

5人10人などではなく、30人くらいはいたのではないでしょうか。

彼彼女らが並んでいたのは、うどん屋さん

 

後になって調べてみると、そのうどん屋さんは人気店であることを知り。

行ってきました。

 

ということで、今日は神保町のうどん屋さん「うどん丸香」を紹介します。

 

f:id:hrsest:20170326171023j:plain

見切れる「丸香」のマーク

 

 

 

1.どんなお店?:休日行列当たり前!神保町で人気のうどん屋さん

店名:うどん丸香(まるか)

最寄:神保町、御茶ノ水

営業:平日:11:00~19:30 土曜:11:00~14:30 ※日曜祝日は休み

ポイント:

神保町にある讃岐うどんのお店です。400~600円程度とうれしいお値段ながら、味はピカイチ「日替わりちくわ天」や、毎シーズン改良される「カレーうどんなど、お楽しみ要素もあり。並ぶけれど、滞在時間が長くないため、回転は早い。

 

2.感想:う、美味い……行列に納得

2-1.金曜日の夜に訪問

金曜日の夜に訪問しました。18:30頃です。

並んでいたのは5人程度。待っている間に、店員さんがメニューを持ってきてくれます。

 

メニューと対面。

かけ、釜たま、月見、山かけ、肉うどん、カレーうどんと、定番が並びます。

 

そして、お安いです。

かけの400円にはじまり、肉うどん、カレーうどんが600円程度。

裏面にはトッピングが記載されています。

かしわ天に野菜盛天、そして目を引く「日替わりちくわ天」。どれも200円前後でした。また、梅干しや温泉卵なども。「すだち 時価」というのが面白かったです。ちなみに、30円でした。(店内に張り紙あり)

 

並んでいるあいだにオーダーをすませます。

季節限定のカレーうどんと、日替わりちくわ天をチョイス。その日は「たこちくわ」とのこと。

 

待ち時間15分程度で入店。

店内はカウンターとテーブルとで、15~20人ほどの席数です。奥には厨房が。ただし、「店内は撮影禁止」との注意書きがありました。
 

2-2.いざ実食。カレーうどんの汁は完飲

先に謝らせて下さい。

「日替わりちくわ天」の写真はないです。あとからきたので……。(言い訳)

 

でも、カレーうどんの写真はあります!

 

f:id:hrsest:20170326171600j:plain

艶のある上品なカレールー

 

さっそくいただきます。

 

カレーはやや甘口、しかし後味はスパイシー。

なめらかな口当たりで、うどんのすすりを邪魔しません

ネギの歯ごたえがいいアクセントです。

そしてなにより、汁とよく馴染むこと

滅多にないことなのですが、すべて飲んでしまいました

 

日替わりちくわ天の「たこちくわ」も美味しかったです。

まず、その大きさに圧倒されます。(写真なくて本当にスイマセン)

長さはiPhone6くらい。太さは500円玉より2回り以上大きい。

 

それが揚げたて・アツアツで出てくるのですから最高です。

しっかりとした魚介の味、それにたことネギの歯ごたえ。弾力もすごい。

 

うどん・天ぷらともにとても美味しかったです。

 

2-3.シンプルだからこそまた行きたくなる

並んでいる最中、店員さんと親しげに会話するお客さんがちらほら。

常連さんが多いのでしょう。

そして、実際に食べてみて、納得です。

 

安い。美味い。また行きたい。

うどんというシンプルなものだからこそ、飽きがこないことも大きいですね。

 

また、「日替わりちくわ天」というアイディアも秀逸。

どれくらい種類があるのかわかりませんが、これを楽しみに行くひとも多いのではないでしょうか。というか、わたしもそうです。笑

 

他にも、わたしが食べたカレーうどんは季節限定(秋~冬)。それも、なんと毎シーズンごとに改良されているとか。これも繰り返し行きたくなる仕掛けなのかもしれません。

 

3.今日のミミヨリバナシ:次はちくわ天の写真を撮ってきます

次は、かけ・釜たまあたりのシンプルなうどんを食べたいですね。

今回はうどんを大盛りにしたのですが、普通サイズでトッピングを2つにしてもいいかも。

再訪の機会が楽しみです。

 

 

以上、「うどん丸香」の紹介でした。

行くきっかけとなれば幸いです。

 

Twitterもやってます!:@mi_mi_log